埼玉のろう者の未来を切り拓くために

後援会の活動

  • HOME »
  • 後援会の活動

後援会は、法人の行う事業を財政的に支えるとともに地域から出ているニーズに応じた新たな事業の実現にむけて以下のような活動をしています。

後援会員を増やす活動(組織部)

法人の”応援団”である後援会員を増やす活動をしています。
組織部と地域連絡員を中心として、各支会、手話サークルなどの会員だ

けでなく、一般の市民の方にも広く呼びかけて、一人でも多くの方に後援会員(聴覚障害者福祉への理解者)になっていただこうとしています。

寄付・募金活動(事務局)

ボーナスカンパや募金箱、地域の福祉バザーなどの収益の寄付などを募っています。

「ななふく苑」竣工記念プレート(事務局)

「ななふく苑」運営のために寄付してくださった証として、願いや

メッセージが「ななふく苑」に永遠に刻まれる竣工記念プレートの申込みを募っています。

バザー・イベントの開催(事業部)

「どんぐり大バザー」をはじめ、地域の行事での委託販売や聞こえない人も楽しめるイベントの開催を通じて、聞こえない人、重複の人と市民の方々との交流を図りながら収益をめざしています。

販売事業(販売部)

夏、冬の年2回のきょうされん(共同作業所全国連絡会)が取りまとめるユニオン販売や後援会グッズ産地直送果実などの販売を行っています。

ニュース(SSCどんぐり)の発行(広報部)

法人・各事業所・後援会に関する情報、国の福祉の動向、埼玉の聴覚障害者福祉、教育に関する情報などを掲載し、毎月1回会員に発行しています。

学習会の開催など(事務局)

聴覚障害を持つ人たちの抱える問題や、その時々の情勢を多くの方に

知ってもらうため情勢学習会などに取り組んでいます。
例)聞こえない障害及び手話の普及など。

PAGETOP
Copyright © 埼玉聴覚障害者福祉会後援会 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.