埼玉のろう者の未来を切り拓くために

ろう高齢者交流サロン

  • HOME »
  • ろう高齢者交流サロン

ろう者は手話通訳派遣を使えば十分生活の中で困ることはないのか、というとそれは違います。
普段から入る情報がとても少ない中で、生活のしづらさを抱えています。

地域で暮らす聴覚障害者のニーズは何かを掘り起し、明らかにし、皆で共有していくために、2008年から、「埼玉の聴覚障害者の暮らしを考える集会」を開催してきました。
各地域のろう者から、生活の中で困っていること、実現してほしいことを出してもらい、各市の手話通訳派遣事務所で働いている専任手話通訳者、職安に週1回位設置されている手話協力員からも手話通訳を通して見えてきたろう者の生活面、仕事面で、通訳だけではなく、それ以外の部分で支援を必要としているものは何かを出してもらうことで、県内の聴覚障害者のニーズが見えてきました。
地域のニーズを受け、後援会では、2012年から「ろう高齢者交流サロン」を開催しています。

PAGETOP
Copyright © 埼玉聴覚障害者福祉会後援会 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.