水野書店

今年度はコロナの影響で、販売活動が制限されていますが、地域の協力を得て委託販売をさせていただいているお店のひとつを紹介します。
さいたま市岩槻区にある「水野書店」は昨年改装して本屋の中にカフェスペースを増設したとのことで、近くに住んでいる職員が入店しました。手作り雑貨が置かれているのを見て、オーナーに「春里どんぐりの家」のことを話してみると、毎年仲間たちが描いた絵を展示したり、手話ダンスの発表会をさせていただいている中央区にある「ギャラリー南風」のオーナーとお知り合いだとわかり、さっそく8月から「はるさと工房」のねこばさみやポーチなどを置かせてもらうことになりました。
昔から学校教科書などを扱っていて、地域の人たちから親しまれている本屋さんです。店の中に入るとおしゃれなカフェスペースは、くつろいで本が読める雰囲気です。職員の話では、オーナーの奥様が手作りしているケーキがおすすめだそうです。

水野書店& Cafe mao-mao | おくつろぎ頂けるカフェスペース mao-maoを併設した書店 (mizuno-bk.com)

前の記事