マハナハウス

『オハナハウス』が開所してから7年が経過し、仲間たちやご家族の高齢化、通所が困難になってきた一人暮らしの仲間や、『春里どんぐりの家』から帰ってきてからの家庭での支援が負担になっているなどの課題が見られ始めていました。『春里どんぐりの家』を利用している仲間の生活の場の拡充のため、『春里どんぐりの家』の近くに2軒目のグループホーム『マハナハウス』が2020(令和2)年8月1日に開所しました。
『オハナハウス』のオハナは「家族」という意味ですが、マハナは「太陽」「暖かい」「休息」という意味があります。太陽のような明るく元気な『マハナハウス』としていきます。